【グラブル】イオ砲編成例(光マグナ)

スポンサーリンク
グラブル
スポンサーリンク

イオ砲を撃つための実際の編成例を紹介します。管理人はゼウス編成は持っていないので、今回は光マグナでの紹介です。

ちなみに「イオ砲って何?」という方はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

イオ砲のキャラクター編成例(フェディエルHL想定)

編成例

キャラクター名主な役割
主人公(ハウンドドッグ)アタッカー
アグロヴァル(バレンタインver)アタッカー+バッファー
アビリティ回数UP
ノア(リミテッドver)奥義加速
イオ(リミテッドver)イオ砲
サラ(光ver)特殊技受け要員
サルナーンアビリティ回数UP
ToTはディストリームでも可。相手次第ではデバフアビ採用も候補

今回は「デバフが一切効かないフェディエル戦」を想定しています。

イオ砲編成の時には主に「アビリティ回数」「攻撃バフ」「イオ砲を撃つまでの安定感(奥義加速or相手の特殊技対応など)」+(相手によってはデバフ)を意識して編成を組みますが、今回のケースは「救援に入った時、たまにカースドステークス(3キャラ無属性32400ダメージ)で一部のキャラが落ちてしまう」ような事態を回避するため、サラを入れています。

これを無視して、単純に最大火力を出したいのであれば、「サラ」を「銃弓得意+アビリティ回数が稼げたり与ダメ稼げるキャラ」に変えたりします。相手と手持ち次第で、色々試してみるのが良いと思いますので、ここでは他の代替要員をリストアップしておきます。

  • サラ(防御面)の代替要員(かばう持ち)
    • シロウ(光SSR)、ヴィーラ(リミテッド)、ペコリーヌ、メリッサベル(バレンタイン)
  • 攻撃面の代替要員(銃弓得意のバッファー、アビ回数持ちなど)
    • ネハン、2年生チーム(μ’s)、アルベール(最終)、グレア、ハレゼナ(ハロウィン)などなど…
  • 短期編成の場合
    • クラリス(バレンタイン(闇属性))

他のメンバー候補や、採用理由についてはこちら↓の「イオ砲とは?」の記事も参考にしてください。

イオ砲の 武器編成例

編成例

武器名主な役割、備考
終末武器アビダメ 終末orオメガ枠50% (最大50%)
フラマ・オルビスアビダメ アーツ枠30%(最大50%)
ファントムクローアビダメ アーツ枠15% (最大50%)
マグナ武器・シュヴァ剣
・光の柱
・オールド・アルテミスボウ
今回は上記の武器を中心に組んでいますが、
渾身なのか背水なのか、どっちつかずの編成になってしまいました。

ただ、これぐらいでも十分に火力は出ます。
剣染め+コスモス武器でダメ上限も上げることが出来るのでそちらも検討
EX武器ゼノ武器2種+ファントムクロー
ロンゴミニアドがあれば優先(特に5凸)
天司武器いつもの
バハ武器など今回は入れてないが、通常枠あってもいい
終末が無ければ、オメガ杖でもいけるっちゃいける

今回、適当な編成をそのまま使ってしまったので、すごい雑な編成になりました。(すみません)

ちなみに表記にあるEXスキルは「攻撃力1.5%UP」だけのもので、大した効果ではありません。無理にアビダメ厳選するほどではないでしょう。また、この編成はEX枠(六道武器2本+ファントムクロー)もやや過剰気味です。

大まかな編成方針について

  • 【アビダメ枠】
    • 最重要武器はアビダメを大幅に向上させる「オメガ武器or終末武器」
    • 「フラマ・オルビス」「ファントムクロー」と続く
  • 【マグナ枠】
    • 片面マグナ+黒麒麟になるので、加護補正には要注意(確定技巧などは実戦的でないので狙わない)
    • 上限叩けるなら剣染め優先(コスモス武器+シュヴァ剣4~6本+終末+EX枠+天司など)
    • (上限叩けないなら)渾身(光の柱)背水(オールド・アルテミスボウ)を入れて試してみる
  • 【EX枠】
    • 剣染めなら「ファントムクロー」を「ソードコーン4凸」へ入替も検討
    • 剣染めなら「真・道天浄土5凸」、そうでなければ「ロンゴミニアド4凸~5凸」
      • ロンゴミニアド5凸はアビダメ上限枠も向上しますが、終末orオメガ枠とは共存できないので、単純にEX枠の攻撃力を盛る意図で編成します

剣染め出来た方がダメ上限は上がります。フェディエル戦ならシュヴァ剣でHPを盛ったほうが安定する場面も多いので、基本は剣染めで考える方向でも問題ないでしょう。

イオ砲の召喚石編成例

編成例

召喚石名主な役割、備考
ノビヨ奥義加速
黒麒麟アビ回数増
ルシフェル5凸シンプルに能力枠。奥義加速も
フレイ0凸可、4T目から大量のバフ付与可
ベリアル与ダメUP(サブ枠)
スターアーカルム(サブ枠)
短期戦なら黒麒麟は自編成に入れず、アルテミスや浴衣カグヤなど奥義加速できるものを入れても良い

大まかな編成方針

ベリアルの有無でダメージ量が大きく変わるので、持ってるよという方は是非採用しましょう。

尚、上記全て必須ではありません。ノビヨ無い!という方もご安心ください。(とは言え、奥義ゲージ加速石は何かしら欲しいところですが…)

極論、フレンド側に黒麒麟を採用していれば最低限は条件満たせるので、自分が持っている分でやりくりしてみるのが良いかと思います。

イオ砲を撃つまでの実際の行動の流れ

それほど難しくはなく、シンプルです。

  • 1ターン目
    • ノア、3アビをイオへ付与(奥義ゲージMAX)
    • イオ、3アビ使用(75%消費、魔力の渦Lv3
    • 召喚石ノビヨ使用(全体奥義ゲージ20%UP、DA確率UP、活性)
    • 通常攻撃
  • 2ターン目
    • 通常攻撃。奥義加速の石やアビリティあるなら使っても良い
  • 3ターン目
    • イオ、4アビを使用(魔封杖バフ付与
  • 3ターン目以降
    • フレイあるなら一度通常攻撃を挟んでから、4T目に使用して以下の手順を開始してもいい
    • イオ、奥義ゲージが75%になっているなら3アビを使用(魔力の渦Lv3
    • イオ、奥義ゲージが不足するなら
      • 他のアビリティ、召喚石利用などで奥義ゲージ増やせないか
      • イオ自身のサポアビで(アビ使用時奥義ゲージUP)足りないか
      • 特に2アビの全体バフ、ダメージ向上に一役買うのでオススメ
    • 「魔封杖バフ+魔力の渦Lv3」が揃ったら、アビリティ全使用
    • 主人公の「タクティクスコマンド」でサルナーン等のアビリティ回数を稼げるキャラクターと交代
    • アビリティ全使用
    • 黒麒麟使用(同じターンにフレイ使用済なら、一度通常攻撃挟む)
    • 再びアビリティ全使用
    • 最後に通常攻撃(イオが奥義発動できるなら、そのまま奥義追加効果でアビ1自動発動)

今回のダメージ結果

普通に救援も呼びましたし、武器編成を適当にやっても1億手前ぐらいまで稼いでくれました。(そして、アグロヴァルが強い)

上記の編成・流れ通りに動いて、フラワリーセヴン一回につき800万~900万程度のダメージ量です。剣染めや、ネハン込みなら1億を越えることも十分できるでしょう。

ただし他の記事にも書いた通り「DPT(ダメージパーターン。ターンあたりのダメージ)」は出ても、「DPS(ダメージパーセコンド。1秒あたりのダメージ)」は出せません。使いどころを見ておかないといけないですね。